南大沢と同様に、「第4回WPPC伊勢崎市・群馬県民の日」も大成功でした!

南大沢と同様に、「第4回WPPC伊勢崎市・群馬県民の日」も大成功でした!
こちらも、お天気が、いま一つ、という中、華蔵寺公園に来ている親子連れなどが、楽しそうにWPPCに参加してくださいました。
また、外国人の方々も多く、WPPCに参加してくださいました。
スタッフが、15名、参加者は、約40名、です。パキスタン、バングラデシュ、カンボジア、フィリピン、ウガンダ、などの方々が参加してくださり、国際色豊かなWPPCになりました。

事前に参加申込があったウガンダの方々と、本庄駅で待ち合わせて、車で華蔵寺公園まで移動しました。ウガンダの方々は、当NPO法人のホームページを見て、参加してくださったと思っていましたが、実際は、次のような経過でした。

ウガンダの方の、Bさんが、人権擁護に関心があり、NPO(NPO法人 NGO日本アフリカ国際開発:JANIDA)の活動をしており、そのNPOが、JANIC(国際協力NGOセンター)に加入していて、私どものNPOが、JANICのメーリングリストに送信したメールで、今回の伊勢崎のWPPCを知り、参加を申し込んできた、ということのようです。

今回、3人で参加してくださいましたが、そのうちの一人、Aさんは、「私は平和が大好きです。サッカーが好きな人のように、平和が好きです。平和は、何をするのにも、平和でなければ仕事も遊びもできません。今日は、WPPCに参加して、とても楽しかったです。」と、おっしゃっておられました。とても陽気で、楽しい方たちです。

今回のご縁で、ウガンダにピースポール建立とWPPC開催が実現できそうです! 来年の秋、9月~11月に、ウガンダの首都、カンパラの小学校などで、実現できそうです。また、隣の国のケニアでも大丈夫、とのことです。今から楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です